変な家族in東京

共働き三児の母。長男は2022年に中学受験予定です。よろしくお願いします!

あ、コイツ逃げたな

入塾後2回目の公開模試が終わりました。

日能研は試験後に答え合わせをしてきます。

答案を見たところ、凸凹は少なくなったけれどもすごく良い科目もない感じ。

国語は少しあがって理科が下がりそう。

相変わらず算数の計算間違いがあります。

毎日漢字と計算をやっているのになぜだろう。


今朝は起きるのが遅かった&花粉が辛いとのことで、理科と社会の冬季講習の振り返りができず。

かといって面倒くさいと花粉メガネは持っていかず。


たびたび脳裏をよぎる黒木講師のあのセリフ

「そういうのをひっくるめて一言で言うと、○カって言うんですよ。」

ぴえん😭


気を取り直して、帰宅後改めて4/4のNNオープン模試に向けてがんばろうと話そうとすると、「オレ城北の方が行きたい」と。

あ、コイツ逃げたなと思いましたが、どっちみち全然届いていないので‼️逃がさん‼️


その場ではママも城北好きだよ!絶対行こうね!と言いました。本心だけど目標下げたってやる事は変わらないんだからな〜〜〜!


中学受験の難しさですね。

幼いタイプの子供は集中力と忍耐力が求められる努力量と釣り合わないので常に時間が足りない。

6年にもなると塾の拘束時間が長いので家庭学習を増やすには自由時間を激減させなければなりません。

オプションを断る勇気が欲しい。


もともとは、発達に凸凹のある長男にゆったりかつ充実した中高生活を送らせたくて始めた中学受験。こんなに大変ならやめておけばよかった(心の声)。

学区の公立中もモデル校なのでまだ親は気楽ですが、子供は落ちたから公立と割り切れるかどうか?


中学受験は親が9割と本のタイトルにもある通り、いかに親が子供の気持ちを奮いたたせ、極限まで勉強の効率化を図れるかなんですね。


あほみたいにフォートナイトを何時間もやってた去年の夏休み、もう少し頑張ってたら。

夏期講習終わらせるのに冬までかかったのが悔やまれる💢←あ、怒りが再燃してきました。


本日の息子の予想偏差値は43。45超えれば御の字ですが、どうかしら。

引き続きカリテ対策→漢字と語句の特訓及び間違えた問題を徹底復習です!


余談ですが、『2月の勝者』の今川りいさちゃん、3巻の頃は普通に可愛い小学生ですね。なんか、かなしい。